GRMTシリーズ(測温部伸縮型)

ダイニスコ 樹脂温度センサー GRMTシリーズは、熱電対プローブをダイアルで手動で伸縮させることが出来るため、先端測温部の突出長が任意に可変となるユニークな温度センサーです。

なお、熱電対プローブの伸縮は、押出機などの運転中でも可能なので、樹脂の流れや流路の深さなどを考慮してプロセス進行中に測温位置を変化させたい場合や実験目的など、頻繁に測定位置が変化する温度計測などに大変便利な温度センサーです。
取付は、TB422・DYMTシリーズと同様、ダイニスコ圧力センサー用の取付穴(先端φ8、取付ネジ 1/2-20UNF)にそのまま取り付けが可能です。

特長

  • 熱電対 JまたはK、測温抵抗体(3線式)から選択可能
  • 先端測温部は、可変ダイアルによる突出長調整式
    (押出機などの運転中でも調整可能です)
  • 取付ネジ 1/2-20UNF(ダイニスコ圧力センサー標準寸法)
  • 最大温度:482℃(常用)
  • 最大圧力:100MPa

製品仕様詳細資料(※ログインが必要です)