固定盤用ひずみセンサー QE1010シリーズ(マグネット式・聴診器型)

QE1010シリーズは、射出成形機などの型締時に発生するタイバー固定盤(プラテン)など、平面のひずみを測定することができます。
センサーの固定はマグネット式を採用しております。聴診器のようなイメージで、測定したい箇所をピンポイントで測定出来、付属の脱着工具で簡単に設置可能なため、設置面の追加工は不要です。
射出成形機やダイキャスト成形機などへ型締力の擬似測定として活用できます。

 

特長

  • 固定盤(プラテン)など、平面のひずみ測定向け
  • 着脱の容易なマグネット固定式(聴診器型、随時測定向け)
  • ひずみゲージ出力(別途 アンプが必要)
  • 測定レンジ(FS): ±300~500με